今も異彩を放ち続けるhideと私の思い

スポンサードリンク
先日、
久しぶりにhideをTVで観ました

出逢った頃のまま
何も変わってない

だって
それはそうですよね

映像はあの当時のままですから・・・

私がhideに興味を持ったのは
hideが X JAPAN 解散後に
hide with Spread Beaver 名義で
活動を始めた頃・・

ちょうど「ROCKET DIVE」辺り

それから間もなくして
hideが亡くなって・・

あの時のままで
hideとの時間は停まっていましたが

今でも私の心の中の何かに
hideの音楽が問いかけ続けていて

未だにそれは
私の心に響いているのです・・

過去に
hideのに関する特集番組を
見たことはあ利ましたが

正直、
映像の寄せ集めで
見るに耐えれませんでした

しかし
去年劇場公開された
生誕50周年
初のドキュメンタリー作品
「JUNK STORY」

  • hideの幼少期のコンプレッスや
  • ロック少年に目覚めたきっかけ
  • hideの人柄がわかるエピソード
  • 29歳の時に少年の頃の自分に宛てた手紙
  • 酒にまつわるエピソード
  • 付き人だった弟ヒロシへの思い
  • ソロ一発目で「ROCKET DIVE」をだした意味
  • 残されたメンバーの葛藤と再生
など
hideのカケラを集めた
現在進行形のドキュメンタリー映画でした

エンディングの時に流れる
各メンバーや関係者の
hideとのエピソードも
かなり笑えてほっこりします

どこかを見つめるhide
hideはあの時
何を見つめていたのか?

hideのいなくなったあの日から
未だにhideの死に
区切りがつけられずにいるバンド仲間や
2015年現在進行形の「hide」を追い続けながら
このドキュメンタリーは制作されています

まさしく予告編のキャッチコピーにある

あの日、
見ていた物語を話そうか?

そう語りかけているような

残された自分たちは
ちゃんと前を向いて生きているのか?

そう問いかけているような
不思議で元気をもらえる作品

hideという人間に魅了された
現在を生きるメンバーや後輩ミュージシャン、
ファンの物語でもあります

私は、
このドキュメンタリー映画を観終わって
「もっと、創造的に生き抜いてやるぞぉぉ!!」
と思えました( ´ ▽ ` )ノ

とても前向きになれる素晴らしい作品です

参照画像
(https://twitter.com/hide_junk_story)
(https://www.makuake.com/project/junkstory/)

スポンサードリンク

良い記事は友達にシェアしてね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です