コミュ障に告ぐ!!自分の想いを相手の「心」に届かせる為のオススメの本。

スポンサードリンク
友達や家族との言葉のやり取りで
よく考えさせられる事があります

ちゃんとストレートにものを言っているのに
相手には全然伝わっていない

理屈では理解できている筈なのに
相手が行動に移してくれない

どうしてはっきりと
思いを発言しているのに
相手に伝わらなかったり
もしくは、
行動に移してくれないのか?

この事に悩んでいる人って
たくさんいるのではないでしょうか

7年間の営業経験のある私だって
上手くいかず歯痒い思いをしてきたのですから・・

今でも心に残っている映画

今でも心に残っている大事な映画がある
「リバー・ランズ・スルー・イット」という映画

美しいモンタナの大自然を舞台に
厳格な牧師の父と

真面目な性格でエリート大学を卒業し
大学の講師になった兄、

人を惹きつける天性の魅力を持ち
自由奔放に生きている弟

3人を結ぶのは
幼い頃から父に教わってきたフライフィッシング・・。

とある牧師一家の家族愛を描いた
ノーマン・マクリーン原作による感動の人間ドラマです

この映画の見所は・・

助けが必要なのに
身近にいる兄や両親に素直になれず
頑なに助けを受け入れようとしない弟と

誰よりも身近にいて
理解していた筈だったが
助けてあげられなかった事に
自分を責め自問自答し
ずっと在りし日の弟を忘れられずにいる
残された家族の苦悩・・。

でも、
これって映画だけの話ではなく
どこの家族間でも
当てはまると思いませんか?

他人には話せる内容でも
間柄が近いからこそ
話が通じない事はないですか?

そんな普遍的なテーマを
ずっ〜〜と解決するコトが出来ないでいた私に
一筋の光を与えてくれた本があります

あなたの話は、なぜ通じないのか?

一冊の本

正に直球のタイトルw

この本の中で
印象に残ってる言葉を少しご紹介します

  1. 「あなたの理屈は正しいとわかった、
    しかし、あなたという人間は嫌いになった」
    では、通じたとは言えない。
    話が通じるとは、勝ち負けではなく、
    あなたと相手の間に橋を架けるようなものだ。
  2. 見解は違っても問いは共有出来る
  3. 言葉は、関係性の中で、相手の感情に届く。
    だから共感を入り口にしたコミュニケーションは、
    正論より、ずっと確実に伝わる。
  4. 言葉が通じないのは、通じるだけの信頼関係がないからだ
  5. 信頼の危機の突破口は、
    相手から観た自分のメディア力を知って、
    それにふさわしい言動を心がけることだ。
理解できる言葉もあれば
これってどういういう意味?
と思った言葉もあるでしょう

興味を持たれた方は
最寄りの図書館か
ネットで購入されて読んでみてください

各章による詳細な文章と
それぞれのシチュエーションにおける
個々の具体例によって
相手にどうすれば自分の思いが伝わるのか?

そこがしっかり&どっしりと学べます( ´ ▽ ` )ノ

私の思うこの本の一番の良いところ

それは・・

「自分の想いにウソをつかない」
ということを一歩も譲らず考え、
その上でのコミュニケーション技術を
説いているところです

どうしたら
自分にウソをつかなくても、
人と関わっていけるのか?

社会の中で
自分らしく生きていく為には
避けては通れないと思います

読んだ直後の正直な感想は・・

一回読んだだけでは
中々理解しがたいです

読みながら少しずつ実践して
体得していく感じ

逆に言うと
それだけ読み応えのある内容と
確かな情報が詰まっているということ

猿でもわかるとか
1日で習得とか

そんな奇跡的で
中身のない本ではないということです( ^ω^ )

そう言う意味では
図書館で借りて読むよりも
購入されてじっくり読まれる事をオススメします!!

<本作品の文中より>

ウソで切り開く世界にいるのは、
ウソで操作していい人間、

内面も意外性も持たない外側だけの人間、
自分の術中にはまった愚かしい人間、

そして何より、
一人一人違った内面を持つ人間を、
そのようにしか見ることができず、
そのようにしか関われない自分。

外には、
自分の想いで関わることができない世界がただ広がっていくばかりだ。

そんな世界にエネルギーがわくだろうか。

あなたの話はなぜ「通じない」のか 著/山田ズーニー

文中にあるこの問いは
私の心の中に大きく響きました・・。

初めに紹介した映画もオススメです!!

実はこの映画
ブラッド・ピットの出世作です( ´ ▽ ` )

舞台となった
モンタナ州の雄大な自然と
フライフィッシングの美しい描写で、
第65回アカデミー賞では撮影賞を受賞。

兄弟だからこそ何でも分かり合えるわけではなく
兄弟だからこそ本音をさらけ出せないこともある
でも、どこかで分かり合えているモノもある

ただただ、
モンタナの美しい映像と家族愛が
素直に心に伝わります。。

以上、
自分の気持ちをもっと素直に伝えやがれ!!
のコーナーでしたψ(`∇´)ψ

p.s.

民宿 海山木のオーナー
アイキャッチの写真は
11月に沖縄旅行に行った時のもの国頭村の海と山に囲まれた宿
「民宿海山木」のオーナー、ミヤギさんでした

写真でもわかるように
独特のオーラ(年中裸らしい・・。)と
間髪入れずに浴びせてくる豊富な話題
(必ず最後にダジャレが入る)。

このメチャクチャ個性的な人と
一歩も臆することなく対等に話せた自分は

社会人なりたての頃の
お世辞一つを言うのにも苦労していた自分と比べて
随分と成長出来たんじゃないかと思う(笑)

このミヤギさんが作る
炒飯がめちゃくちゃ美味いんだよなぁ。。

炒飯
この民宿が気になった人は
別のライターさんが書いている記事も
ご覧になられてみてください!!

↓ ↓

国頭村の海と山に囲まれた宿「民宿海山木」が奇想天外!?

スポンサードリンク

良い記事は友達にシェアしてね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です